花、植物、自然の観察、考察、そしてセラピストとして日々想うこと
ヤロウ
2011年06月27日 (月) | 編集 |
ヤロウ
ヤロウ Yallow キク科
学名:Achillea millefolium 和名:西洋ノコギリソウ 
花の色:白 原生地:ヨーロッパ


本日はフラワーエッセンスのお話です。

と、その前に・・・

ヤロウは学名にAchilleaとあるように、英雄アキレスに由来します。

古代ギリシャでは、アキレスが戦争で負傷した兵士たちの傷の治療や

止血に使っていたハーブです。

のこぎりのようなギザギザの切り込みの入った葉も特徴的です。

生の葉は止血効果を利用して塗り薬にしていたそうです。

ヤロウはフラワーエッセンスだけでなく、ハーブティや精油にも

使われます。ハーブティや精油の作用はカモマイル・ジャーマンと

よく似ています。炎症を抑える作用に優れ、血液循環を促す作用も

あります。皮膚の痒みを抑え、リウマチや関節炎の緩和に

よく使われます。成分にはカモマイル・ジャーマンと異なる所があり、

ケトン類が含まれているので、乳幼児、妊産婦、授乳中の女性、

てんかん患者の方には使用してはいけないという

禁忌事項がありますので、ご使用の際は注意してくださいね。



それでは、今日の本題。フラワーエッセンスのヤロウです。

ヤロウのエッセンスを必要とするタイプは、まわりの人々や環境に

影響されやすく、人の気持ちに敏感で、傷つきやすい人です。

このタイプの人は、超感覚的情報を受け取れるので、相手の考えや

ネガティブな意図を感じ取り、吸収し、傷つくために、エネルギーを

消耗してしまいます。ヤロウは本質的な繊細な自己を保ちつつ、

バウンダリー(人と人との境界線)を安定させ、強化することを

助けてくれます。

ヒーラーやカウンセラー、セラピストの人にとっては重要で、

クライアントから受ける可能性のあるネガティブエネルギーから

守ってくれます。そして慈愛に満ちた癒しの性質が、魂から自由に

相手に流れることを可能にします。

ヤロウの輝く白い花の光でエネルギーフィールドを満たします。



ヤロウのエッセンスは、現代社会を生きるすべての人にとって

役に立つので、他のエッセンスとの組み合わせに取り入れても

いいようです。



自分の内面の光の部分を強化することを助けてくれるヤロウ。

どの人にも存在する内面の光の部分。

ヤロウに手伝ってもらって、自分自身の光の部分を拡大、

強化していくこと。

そしてまわりの人を白い花の光でピカピカと輝かせること。

今日咲いたヤロウを見て、これからの私の課題のように感じました

コメント
この記事へのコメント
光の充填・・
今、とっても
ヤロウが必要な気がしますv-344
内面の光がくすんでいるような・・
次回、拡大v-353強化v-353よろしくお願いしますv-298
2011/06/28(火) 16:55:17 | URL | kinacoro #-[ 編集]
Re
コメントありがとうございますe-266
ヤロウの花は今kinacoroさんに気づいてほしい事が
あるのでしょうねe-53
ヤロウの花のイメージをするのもいいですよe-267
パステルアートで描いてみるのもいいかもしれませんe-343
2011/06/30(木) 20:34:32 | URL | fleurs de terre #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する