花、植物、自然の観察、考察、そしてセラピストとして日々想うこと
作り手さんは重要なんです♪
2014年02月16日 (日) | 編集 |
先日、フラワーエッセンスの服用ボトルを自分で作ってみました。
いつも飲んでいるフラワーエッセンスは、師匠に作ってもらったもので、
私にとっては初めて自分で服用ボトルを作ることをしたわけです。

フラワーエッセンスというのはまず、マザーエッセンスというエッセンスがあり、
それはまさに母胎となるエッセンスです。
そのマザーエッセンスから、きれいなお水と、ブランデーとエッセンスで、
服用ボトルを作ることができます。

マザーエッセンスはそのもの自体を摂ってももちろん良いのですが、
基本的に、フラワーエッセンスは希釈してもそのパワーは変わらないので、
服用ボトルを作ることで、とても経済的な使い方ができるのが良いところです。

服用ボトルを自分で作るということで、まず、ボトル。
ボトルはガラス製の新品を使います。
色は緑や茶色などありますが、青が好きなので青にしました。

次に水。
島原は名水の土地なので、これはもう山に行って水を汲みに行こう!と思い、
普賢岳の麓の隠れ湧き水スポットに行ってきました。

普賢岳の湧き水

人っ子ひとりいない隠れ湧き水スポット。
シーンと静まりかえっていて、山のエネルギーたっぷりって感じで、
ドーンとした感覚があり、心が鎮まりましたね~。
子供の頃は、よく妖精探しにここに来ていました。
今もきっと山の精がいっぱいいるんでしょうね・・・

青いボトルにこの清らかな湧き水を入れて来ました。

湧き水を入れたボトルに、保存剤として、ブランデーを入れます。
ボトルの3割くらいは入れます。お酒が苦手な方は、アップルビネガーでもOK。

雲ひとつないお天気のよい日があったので、
朝から半日くらい、このボトルを太陽に当てて、さらにエネルギーチャージ。

ここまででやっと準備完了です。

フラワーエッセンスはリチャード・キャッツ&パトリシア・カミンスキー夫妻のもとで、
長期にわたる臨床研究が行われ、大自然の植物を原料に作り方にもこだわり作られた
FESのエッセンスを信頼しているので、FESのものを使います。
FESのマザーエッセンスからフラワーエッセンスを瓶に入れて、完成です。

服用ボトル完成♪

今回、2種類作りました
自分で作るのも、その過程が自分で分かるので、楽しいですね。
初めて作った服用ボトル。
山のパワーに太陽のパワーにお花のパワー。
それぞれの自然のエネルギーがいっぱいでパワフルな感じに出来上がり、
今現在このエッセンスは飲んでいますが、日々の助けになっています。
師匠に作ってもらったエッセンスも好きですが、自分で作るのもいいもんですね。

「ものを作る」ことは、その過程のエネルギーが必ず入ってきます。
今回は、フラワーエッセンスの服用ボトルでしたが、
ものを作ること、すべてに共通するのは、作り手は重要だということ。
ものを作る人の人間性、材料、材料の原産地。
そしてそのものを作る作り手が作っている時の心の状態も重要ですね。

すべてが調和の取れた素晴らしい状態であって初めて、
そのものは、質の良い素晴らしいものに仕上がります。

なので、私自身、ものを買う時、作り手の人を重要視しています。
同じものなら、そのものを愛し、材料から作る行程すべてにおいて、
こだわって作っている作り手の人が作ったものを買いたい。

愛されてこだわって作られたものは、質が良いし、
そのものを日常で使う、体内に取り込む、などした場合、
使い心地が良いな~とか、美味しいな~とか、
そのものによって、自分の心をより豊かにすることができるんですね。

また、こだわって作られたものは、長く使えるし、
体にも健康的に良いものであったり、結果的に経済的で、健康的であり、
すべてにおいて無駄がないのです。

だから作り手って本当に重要だな~と感じるんですね。

そして、ものを愛し、こだわって作っている作り手の方は、みんな素敵な方ばかり。
このことも共通の事実です。

そんな素敵な作り手さんに出会うと、こちらも磨かれるし、豊かになります。
そういう作り手さんとお話するのも、考え方の勉強になりますし、良いアドバイスや、
ヒントなんかがいただけて、とても実りのあるお話が多いですね。

私もお仕事でオイルをブレンドしたり、カードセッションをしたり、
パステルアートやアロマクラフト講座のおやつを選んだり、
ハーブティを作ったり、ハーブのブレンドしたり、
布製品やバッグを作ったりする際は、
自分自身、そんなすべての行程をひとつひとつ大事にしてやっていますが、
いつもこの気持ちを忘れずにいようと改めて思いますね・・・
素敵な作り手さんでいることは、重要な任務ですからね

ものひとつだけど、それができるまでには様々な行程があり、原材料があり、
作り手さんの作る気持ちもあり、そのものひとつにそのすべてが詰まっている。

そう思うと、ものとの出会いは人との出会いでもあるし、
それによって自分の豊かさが増していく。
そんな素敵な出会いをしていきたいですね。

質の良いものを選んでいきましょう。
そこには素敵な作り手さんがいます。
そしてその出会いの中で、自分も豊かに素敵に成長していきましょう