花、植物、自然の観察、考察、そしてセラピストとして日々想うこと
乙女座の満月 寛大な心で
2013年02月26日 (火) | 編集 |
デモルフォセカ・ホワイトブレーズ

2月26日は、乙女座の満月です

庭のデモルフォセカ・ホワイトブレーズがとても美しく、
中心の紫がどこか神聖で、心が洗われるようなお花です。

そんなデモルフォセカは、とても丈夫で頑張り屋さんなお花。
夏の暑い日も、冬の寒い日も、一年中その花を咲かせるのです。
そして、心の中をすっきり洗い流して癒してくれるような、そんなお花です。

また真っ白い花びらは、神聖で純潔、繊細。どこか近づきがたい感じもします。

いつも頑張り屋でしっかり者で美しいデモルフォセカ。
そして休まず周りを癒し奉仕する元気な姿は、健気なナースのようです。

乙女座の特徴を感じさせてくれるお花ですね。

乙女座がホロスコープの重要な位置にあったり、多くあったりすると、
人に奉仕する仕事、例えば看護、医療系などに就いていたりしますし、
家族のために頑張る方が多いです。

体の健康に関係が深いので、体を癒すことが大切な乙女座です。

とても細かいことにもよく気がつくので、気づきすぎてそれでイライラすることも。

乙女座の月の時期は、自分の体に心を向ける時期であり、
細かいことに少し寛大な心を持つことが必要なことを、私たちに教えてくれます。

ちょっと心をゆるめて、「まぁいいか。」と思う寛大な気持ちを、
自分にも、そして周りに持つと、ますます素敵な乙女座になります。

ラベンダーの精油で、心身をリラックスさせてあげるのもおすすめ。
ラベンダーはお医者さんのような万能ハーブなので、ぴったりですね。

まぁいいか・・・

大丈夫